ネットで見つけたルナメアという化粧品を使ってみた?

二十代半ばころより、生理周期に沿ってニキビに悩まされるようになり、いつの間にか、ニキビが治らないまま次の生理がやってくるというようになり、気が付けばいつもニキビが出来ている肌になってしまっていました。

ニキビが出来ているからか、肌も脂っぽくて、朝起きた時などは顔が臭いような気がすることもあり、必要以上に洗顔をするようにしていると、やがてはニキビがさらにひどくなってしまっていました。

これは根本的に肌質を変えなければならないと思い、ネットで見つけたルナメアという化粧品を使ってみることにしました。ニキビコスメで検索していると、ルナメアAC 白ニキビという文字を見つけ、白ニキビがたくさん出来ていた私は、これは効きそうだと直感的に思いました。

ルナメアを使い始めると、皮脂分泌が正常になってきたのか、以前ほどべたつくこともなく、毛穴の汚れがしっかりと落とせているので、油浮きがあまり気にならなくなってきました。

朝起きた時のあの嫌な臭いも消え、気が付けばあごにたくさん出来ていた大きなニキビもすっかり落ちつき、生理前でも以前ほどニキビができないようになっていました。

毛穴詰まりが改善されたからか、毛穴の開きも目立たなくなり、肌が綺麗になってきました。

腹筋のインナーマッスルとは?

腹筋のインナーマッスルには、腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群の4つがあって、体の表面にある腹筋を奥の深い部分から支えています。

腹横筋は、お腹をコルセットのようにぐるりと囲んでいるインナーマッスルでお腹をひきしめ、体幹部を安定させます。

多裂筋は背中の横の突起から上の背骨へと伸びている筋肉です。背骨をまっすぐに支えて安定させ美しい姿勢と背中を作ります。痛風に良い食べ物

横隔膜は、腹横筋の上側をふさぐような形でついています。呼吸をコントロールする、とても重要な腹筋のインナーマッスルのひとつです。

骨盤底筋群は、骨盤の底の部分にある細かい筋肉の総称で、アーチ状になって骨盤の底から、膀胱や直腸、子宮などが下がらないように支えています。

これら4つの腹筋のインナーマッスルが、呼吸や運動などの大切な働きを体の深層部からサポートしています。

腹筋と言うと、どうしても外側にあるたるんだお腹やぽっこりお腹が気になってしまうかもしれませんし、がっちりと腹筋を鍛えてシックスバックを手に入れたい、と思うかもしれませんね。

でも、外側についている筋肉の働きを効率的にしっかりと引き出すには、インナーマッスルも同じようにバランス良く鍛えることが大切です。

体の中心を支える大切な筋肉ですから衰えないように、意識していたいものです。

水素水を選ぶのなら水素発生剤タイプのモノがオススメ

水素水は水に水素を溶け込ましたモノで、水素を摂取することで体内の活性酸素を除去することが出来ます。実はこの活性酸素というのは生活習慣病などの原因となったり、老化を促進するので水素を摂取することは健康にも美容にもアンチエイジングにも効果があるということが出来ます。

そして水素水と一口に言ってもウォーターサーバータイプ、パウチタイプ、アルミ缶タイプ、マイボトルタイプなどいろいろなタイプの商品が販売されていますが、水素というのは地球上で最も小さい粒子なので残念なことにパウチに入れてもアルミ缶に入れても少量ずつ水素が放出されてしまいます。なので水素水の賞味期限は通常の水などと比較してかなり短めに設定されています。その訳は長くおくと水素水はただの水になってしまうからです。

また水素水を選ぶ際に重視されるポイントが水素の含有量のことを思うと、水素水を購入する際に1番オススメなのは水素発生剤ということになります。水素発生剤というのはこれを水に入れることで水素水を作ることが出来るものです。これなら簡単に水素水を作ることが出来ますし、出来立ての水素をたっぷり含んだ水素水を飲むことが可能です。

またネット購入する時も水素水よりずっと荷物がコンパクトで軽い上に水素水と違ってまとめ買いも出来るのでとっても便利です。
セブンウォーターなら価格も安く長期間水素水を飲み続ける方にもおすすめです。

眠れない時は早寝をしよう!

さあ寝ようと思って布団に入っても眠れない・・・
いつまで経っても眠れない・・・
眠れないからスマホでも観るか・・・

これは眠れない時の典型ですよね。
眠れないからと言って何かを始めてしまうのは余計眠れなくなります。

もしその日眠れないのであれば、眠りに入る前の段階がいけなかった可能性があります。
パソコン・テレビ・スマホ・激しい音楽・明る過ぎる照明これらは寝る直前まで行うと
眠れない原因になります。

極力寝る1時間前にはこれらの行動は控えましょう。

普段から寝付けない場合の対処法の1つに早く寝ると言うのがあります。
やり方は簡単でいつも24時に寝ている人なら2時間早い22時に布団に入る習慣にします。

24時まで起きている人は大抵だらだらテレビを見ていたり、
なんとなく動画サイトを見ていたりと、時間を無駄にしている事が多いです。

早く眠るクセを身につけると、そういった無駄な時間が無くなりますし、
無駄にパソコンやスマホ・テレビなどに時間を取られる事もないので、
きちんと眠れるようになって行きます。

まずは無駄な時間を無くす努力をしてみましょう。

他にも体を眠りやすい状態にしてくれるドリンクもあるので、
試してみてもいいです。
→ 北の大地の夢しずくの体験談

あなたの睡眠時間大丈夫?

とある調査によると日本人の1/5人が不眠だそうです。
ちなみに高齢者では1/3で高校生で1/4となっています。

また世界の平日における睡眠時間は以下となっています。

上海 → 7時間28分
ストックホルム → 7時間8分
パリ → 6時間55分
ニューヨーク → 6時間35分
東京 → 5時間59分

この結果をみると世界に比べて東京の睡眠時間が短い事がわかります。
さらにはこんな調査結果もあります。
現在にの睡眠に満足している人の割合は以下になります。

上海 → 68.4%
ストックホルム → 60.5%
パリ → 55%
ニューヨーク → 54.5%
東京 → 28.9%

東京で睡眠に満足している人はおよそ4人に1人しかいません。
世界の国々と比べて圧倒的に睡眠に不満を持っている人多いのです。

忙しいから寝る時間がないと言う人もいるでしょうが、
中には夜遅くまでゲームをしたり、パソコンをしたり、
スマホをいじったりして時間を浪費している人も多数います。

また布団に入ってもなかなか寝付けない人もいるでしょう。
仰向けで寝ても眠れないのであれば、横向きで寝てみると良いです。
横向きは理想の寝方と言われていますし、
専用のYOKONEと言う枕を使えばさらに効果がアップします。