ニキビ跡に薬は塗るべき?ニキビと薬の関係

お肌の悩みにも色々なものがありますが、特にニキビで悩んでいらっしゃる方は少なくありません。

ニキビといえば思春期に現れるもののイメージが強いものですが、大人になってからも体調やホルモンバランスの崩れなどが原因となって現れるものです。

ニキビにも色々な種類のものがあり、それぞれのタイプに合わせて正しいケアをしていくことが大切です。清潔に保ち、抗生物質や抗炎症剤などの薬などを使い、それ以上悪化しないように心がけましょう。

気になるからと言って過剰に触ってしまったり、潰してしまったりすると、雑菌が増えて炎症を起こして膿んでしまうこともあります。

治るまでにかえって時間が掛かりますし、ひどい場合には跡が残ってしまうこともあります。

ニキビ自体よりも、このニキビ跡の方が気になるという方もいらっしゃることでしょう。

 

ではニキビ跡を治すためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

まず、赤黒く色素沈着を起こしてしまったニキビ跡の場合、専用の薬も販売されていますので、それらを使うという手があります。

しかし、最も効果的なのは肌のターンオーバーを促し、新しい肌へ生まれ変わらせることです。美白効果のある塗り薬やスキンケア商品などが効果的です。ミノマイシン50

また、ビタミンC をたくさん摂ることも効果がありますので、野菜や果物などはもちろん、サプリメントなどで補ってあげるといいでしょう。

即効性はありませんが、体の内側からケアすることにより、今後ニキビ自体ができにくくなるというメリットがあります。

ニキビの炎症がひどいと、肌がボコボコとクレーター状になってしまうことがあります。その場合は、塗り薬やスキンケア商品で治療をすることはとても困難になってきます。

クレーター状のニキビ跡には皮膚科などで行われているレーザー治療が最も効果的です。料金はその医療機関によって異なりますし、事前予約制の機関も多いので、あらかじめ問い合わせておくことをお勧めします。

血液の良し悪しが頭髪を作る!栄養バランスが大切

lisa99_mba20141018102742_tp_v頭髪という箇所は、血液とは密接な関連性があります。血液状態が悪いと、頭髪に対しても悪影響が及んでしまうからです。

思えば数年ほどから、血液がサラサラという表現が、よく用いられるようになりました。血管内がドロドロ状態になっていると、様々な問題が生じる訳です。それで頭髪も、その1つになります。なぜなら、栄養の行き渡りに関する問題があるからです。

そもそも頭髪などは、様々な養分が必要な事だけは間違いありません。少なくとも頭髪は、タンパク質によって形成されています。それで問題は、タンパク質がきちんと運ばれてくれるか否かです。血管に対する状況によっては、たまに問題が生じる事もあります。例えば、ドロドロ状態になった時です。

そういう時には、タンパク質と同時に不純物などが一緒に運ばれるケースも多いのですね。それが頭髪に届いてしまいますと、やはり抜け落ちてしまう確率も高まる傾向があります。それで、いわゆるハゲ状態になってしまう事も多い訳です。

それを考えると、やはり血液は重要パーツと言えるでしょう。逆に血液の状態が問題なければ、頭髪の状況も良くなる傾向があります。したがってフサフサ状態にしたいと思うなら、血液をできるだけサラサラにするよう心がけると良いでしょう。

サラサラにする為には、やはり食生活が重要ポイントになります。日常食材によっては、血流をサラサラにする物が含まれるでしょう。それを意識して摂取するだけでも、随分と頭髪の状況は良くなる傾向があります。

とくに産後の抜け毛で困っている人は、食生活は非常に重要です。授乳中の方はとくに栄養が赤ちゃんにまで及びますので、慎重に選びたいものです。ホルモンバランスが乱れているので抜け毛が増えるわけですが、徐々におさまってくるのでそれまでに辛抱です。なかなか抜け毛がおさまらない場合は、担当医に相談するか市販の育毛剤なども使ってみるといいでしょう。

産後の抜け毛 育毛剤