神経管閉鎖不全を予防するには葉酸を摂取する

神経管閉鎖不全、神経管閉鎖障害と言う言葉を聞いたことがありますか?
主に、先天的に、脳や脊髄、つまり中枢神経管が正常に発達していない状態をいいます。
わかりやすく言うと、先天的に脳や脊髄がくっついていない状態とも言えます。

 

こうした不全や障害が多く見られるのは、妊娠中の胎児で、葉酸の摂取が不足したり、欠乏したりすると神経管閉鎖不全や障害が起こると言われています。
葉酸の影響は、妊娠のごく初期の段階、しかも妊娠していることに気づかないくらいの超初期にあると言われていて、妊娠中の胎児の成長過程の中で、神経管の下部に問題が発生すると「二分脊椎」というそうです。
これはいずれ成長が進むと、歩けなくなったり、膀胱や直腸がうまく機能しなくなる可能性があります。

 

神経管の上部に問題が発生した場合には、脳の発達に影響があり、脳がうまく成長しない状態となり、「無脳症」と呼ばれる状態になります。
頭蓋骨が形成されずに、脳がむき出しになった状態になったり、脳がうまく作られないために、多くの場合は出産前に流産や死産になるケースが多いと言われています。

 

こうした神経管に関するトラブルを回避するためには、葉酸摂取が良いと言われています。
妊娠に限らず、普段の生活の中で、積極的に葉酸を摂取することで、こうした神経管閉鎖不全・障害等を70パーセント前後ものリスクを抑えることができるそうです。

 

他の多くの病気の予防にも関与していることが多く、アメリカでは国を挙げて葉酸の摂取を推奨しているそうです。
パンやミルクなどに入った状態で売られていることが多く、葉酸摂取の先進国と言えそうです。

 

日本でも、もう少し葉酸摂取について積極的になった方が良いと思います。